脳みそが年齢しているような気がして自分のことがとても負荷

昨今個々って飲みに行って、割り勘にする場合、自身はまるっきり暗算が出来ず、一人当たりいくらになるのか査定が出来なくて軒並みから笑われました。
個々たちはどうだったかと言うと、食べた内容をうえから順番にダディーダディーという暗算して、額を頭数で割って、しかも返済TAX当たりまで計算して、一人当たりおおよそいくらかと言うことをぱっぱと査定できるのです。
後から第三者がケータイの査定チャンスで計算するとばっちりだったりして、その暗算使途の高さにとっても驚かされました。
自身は暗算ががんらい拒否で、スーパーマーケットに買い物をめぐっても2値引きとか3値引きというステッカーが張られていると概ねいくらかと言うことがわかりません。
再びこれだけ買ったら十中八九いくらという暗算も苦手なので、買い物のときは携帯の査定チャンスが手放せません。
ますます最近は漢字が思い出せなくて、手書きが無理になりました。
テレフォンの変更が無ければ漢字が憧れだせない、自分の想い出思いの丈の下降が実に気になります。
教養の利器に任せすぎているのがファクターだ。
ですからたまには、ケータイ絶ち、インターネット絶ちとかしてみて、何にも薄い中で自分だけの使途でどこまでやっていけるか、どこまで思い出せるか挑戦して、念頭を修行することも大切だと感じています。http://fundi-world.info/