張り切って洗濯して布団干したら、その日一日土砂降りになりました

朝方甚だしくいい感じに晴れてたんですよ。
少し肌寒いけど、すーっって体躯に染みこむような独特がふいて、ぼんやり印象が綺麗な気がして、空はうっすらと赤やら青やらに変化して。
次いで些か志取り換えが入ったみたいで、朝から洗濯タイミングを全力させまして、洗濯物をパーッという欲してついでに布団も干して、かなりすがすがしい気持ちで居ました。

なのに時刻が経つに従って、あれだけ爽やかだった空はジャンジャン曇り、印象は湿りを帯び取り掛かり、徐々にポツリポツリと降り関わる雨!

急いで布団やら洗濯商品やらを取り込んだところで雨が降り始め、そのあとさらに雨でした。

朝方さんざん気象よかったのになあ。
そう言えば元、朝焼けが可憐だと気象が変形がちょっと聞いたことがあります。
しっかり可憐だったなあー、それでも、意外と早く気象って生まれ変わる物質なんでしょうか?

なんも一部の洗濯商品が雨に濡れちゃったんで洗い直しだ。
結局客間干しですよ。

客間干ししてもにおわない洗剤によっているおかげで、客間中央嬉しい臭気ばかりだ。
おそらく、たまにはこう言うのも良いかもしれませんね。
けれど、あの客間干しのニオイってそれほど嫌いじゃなかったりする。
余りに大声では言えませんし、別途フェチというわけでもないんですけどね。
消臭に躍起になるほどきらいじゃなくて、漠然と雨の太陽の風物詩って感じに思えると言いますか。

あのニオイで昔の雨の太陽の思い出が思い出されて、単なるノスタルジーを感じる事が出来るんですよね。

洗濯物質だらけの客間のなか、見慣れたはずの客間に多くの隙が生まれて、なんにも知らない客間におるんじゃないかっていうミスが生まれて、それが恐ろしいながらもなんとなく楽しかったんですよ。http://www.xn--w8j2jqb5ac4c3nkd0607akqpzrtu9r.com/