サトイモコロッケを作ったらテーストが低くて、思わず我が家のコロッケが欲しくなった

サトイモでコロッケを作っても美味しいよと聞いたので、いちはやく作ってみたところフレーバーがうすーい!
全くないわけじゃないんです、ちゃんとサトイモのフレーバーはしてるし、一緒に混ぜた輪切りウインナーのフレーバーもほのかに行なう。
も決定的にフレーバーがないんです。
楽しいなあ、きちんと味付けしたはずなのに、何故あんなに塩分が足りない感じに仕上がっちゃったんですかね?
サトイモって決してフレーバーが付かないカタチなのでしょうか?

一層、しょう油をチョロっと垂らして食べたらぐっと上手くなったので、利益オーライなんですけど。
けれども何だか召し上がるときに味付けしなくても美味いって言うのが憧憬なんですよね。
なるほど、美味いコロッケが食べたくなってきました。

そう言えば前におおかず屋様で買ったコロッケはかなり肉肉しい見方でしたね。
塩分こしょうがきいていて、いわばおおかずと言った感じです。
それも美味しかったんですけど、住居では昔からコロッケと言えば少々甘めの味付けなので、ふと産物足りませんでした。

甘辛く濃い目に味付けしたミンチといったポテトサラダを和えて、それに衣をつけて揚げてあるんですよ。
オヤツにもなるしオカズにもなるし、コロッケってホント優秀な食事だ。
上チーズが入ったのも良いですね。
チーズってジャガイモの適性って最高か。
何とか食べたときはもはやびっくりでしたよ、そんなコロッケもありなのかって。

思えばクリームコロッケ達するものがあるんですから、チーズが入ってたとしても何の不思議も無いんですけど、そう言うことを忘れ去るくらいにチーズインコロッケは私の中で革新的な産物だったんです。

それでも本当に、でもやっぱ我が家のコロッケが一番なんですけどね。高い値をつけてくれました。